ホーム >> 墨岡通信

墨岡通信

成城墨岡クリニック分院によるブログ形式の情報ページです。

2020年09月15日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-177

 勝手口にまわされた私達は、しかしそこでずいぶん長い間立ったままで待たされねばならなかった。仕事場以外には台所をのぞくと一間しかないその住いは、娘一人をかかえた弟さん夫婦にとっても明らかに狭かった。
 手をのばせばとどきそうな距離のところでいそがしそうに働いているその弟さんは、しかし私達を30分ほども無視し続けた。
 明らかに、私達は歓迎されざる訪問者であった。
 その間、N・Hさんは弟さんにしきりに声をかけ、そんなに仕事などやめにして私達と話をしてくれとたのむのだった。
 そのうちに、買物に出かけていたらしい弟さんの奥さんがもどってきて、私達を形通りに応待した。奥さんの口も重かった。
 やがて、弟さんも渋々と重い腰をあげて、私達のところにやってきた。


 ケースワーカーの調書から。
 弟宅着、3時15分頃。4時30分帰。病院着5時50分。
 弟の仕事の関係でゴタゴタしているところへ着き、30分〜40分近く待たされることになったが、弟嫁と共に精神衛生法の解除の話にものってもらえ、何とか変更については可能である。又、外出、外泊についても出来る限り考慮される見込有り。都営住宅、店舗併用住宅2DK?に居住し、昨年1月5日人身事故を起し3ヶ月入院后死亡、その后手形割引のサギにあい赤字の対策に今年度は頭をいためている、と。仕事はまずまずあるので、という。近く費目変更、面会に来院予定と。

 (W私的表現考/世界の病むこと つづく…)

過去の記事を読む

ページのトップへ