ホーム >> 墨岡通信

墨岡通信

成城墨岡クリニック分院によるブログ形式の情報ページです。

2019年12月08日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-172

 昭34年10月より院内作業(木工)に従事するようになった。昭35年6月、弟から、退院させて自分の店(箱つくり)で働かせたいと話がある。当時、分裂病の欠陥状態と認められるとの記載がある。昭35年6月27日、精神衛生法措置のまま仮退院として、様子を見ることになった。しかし、長続きせず、昭35年7月17日再び症状が出現して入院した。
退院后、弟の店で木箱に紙をはる仕事をしていたが、1-3日前より再び刃物による自傷行為が出現してきた。再入院の前日には、おもてを歩いていた行商の豆腐屋をいきなり理由もなく殴った。不眠が続き、独語、空笑も再び出現するようになった。
 再入院后、しばらくして、幻聴もあらわれてきた。
 入院后、電気ショック5回。向精神薬投与による治療。
 昭40年頃には病状も軽快し、昭40年10月より昭43年4月まで、作業病棟(開放)に移り、病院内の作業をよくやっていた。
 その后、過労性、腰痛などの理由で、作業のない開放病棟に移ってきた。
 昭50年5月より、私が病棟の担当主治医となったときには、精神科的異常体験、幻覚、妄想などは認めず、軽度の情意鈍麻を認める。比較的無口だが自閉的というほどでもなく、病棟内の各種当番をかなり積極的に行っていた。

(W私的表現考/世界の病むこと つづく…)

新しい記事を読む 過去の記事を読む

ページのトップへ