ホーム >> 墨岡通信(最新の記事を表示 : 2ページ目)

墨岡通信

成城墨岡クリニック分院によるブログ形式の情報ページです。

2023年11月15日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-206

「施設にかんする研究の中で、バザリアは、どのようにして≪病者≫が精神病院にみずからを病院化させ、医者や看護者の恣意に従い、権利もなく、また訴える力もなく自動的に病院の住民となってゆくかを明らかにした。彼はまた施設という次元では相互関係が存在しえないという事実はどうにも隠蔽しようがないと言っている。」

精神病院の成立基盤となっている社会経済的問題を含めて、その精神病院の内部システムを実証的、科学的に把握することによってそのシステムを変革するための糸口を見出すことが今後の状況的精神医学の方向の一つであると考えることができる。

そして、そのためにはただ単に精神医療にかかわる人々の方法論だけでなく、広く社会学をはじめとする諸学との連帯が必要となるであろう。連帯のなかで問い続け、問い続けることによってあらゆる非合理性、非人間性を白日の下に晒しださなければならないのである。

(Ⅴ状況のなかの精神医学/状況のなかの精神医学 つづく…)

2023年08月31日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-205

こうした事実は、単に運動論の誤謬であったというよりも、むしろ私達の個々の病院なり地域なりの構造の認識と現状分析が充分でなかったと考えることができる。

問題は、精神病理学における精神分裂病概念の破綻とか、疾病分類上の矛盾とかいったものだけではなく、疾病概念以前に存在する精神病院と地域精神医療網の本質的不合理性に存在するのである。日本における病院精神医療の内実がこれほど荒廃していなければ、私達は個人対個人という出会いのなかで、一人の<精神障害者>と内的世界の一部を確かに交流させることができたはずだ、というのが私達の基本である。

ところで、マックスウェル・ジョーンズの実践に対して、イタリアにおける反精神医学の代表的実行者であったフランコ・バザリア(Franco Basaglia)は「愛だけでは不十分である」(Love is Not Enough)として鋭い批判をなげかけた。(この問題についても前章の「私的表現考」で触れてある。)

バザリアの根本的認識は、患者にとっても治療者にとっても治療とは政治的な行為である(Therapy is a political act)ということにかかっていたといえる。

モード・マノーニは『反―精神医学と精神分析』のなかでバザリアに触れて次のように述べている。

「イタリアの精神科医たち(フランコ・バザリア)にとって、問題は病院を人道的にすることでもなければ、ましてや解放的な病院でも一般社会と交流のない小社会をつくっているにすいないという事実をいいたいのでもない(技術的に治癒した≪患者たち≫は、入院生活に甘んじて日々を過すべく追放されているのであり、決してそこから抜け出すことはできない)。彼にとって問題は、≪精神疾患≫が今日の社会的文脈のなかでいかに理解され、いかにとり扱われているか、ということであった。精神医学的試みの根底に見出されるイデオロギー的妥協こそが問題なのであり、それは精神科医の依拠している疑似―科学的基準から直接に導かれる帰結なのである。」

(Ⅴ状況のなかの精神医学/状況のなかの精神医学 つづく…)

2023年07月29日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-204

そして、彼は次のように結論づけているのである。

「システムを変革する方法についての我々の理解はまだ始ったばかりである。しかし、Open Systemが雇用者と被雇用者、教師と生徒・精神科医と患者にとって自己実現の可能性を高めるという事を示唆するのに充分なモデルが既に産業や学校や病院の中に示されている。」

一見して明らかなように、ここにはイギリス知識人に独特な楽天主義が表れている。だが、それはそれで一笑に付すことができないのは、マックスウェル・ジョーンズの場合この背後に厳しい実践に裏うちされた信念と確固たる理論の構築があるからである。しかし、それよりも私が新しい状況論としての精神医学の一つの質としてシステム論に触れたのは次のような理由によるのである。

反精神医学の基本的な流れがそうであったように、私達の状況論はまず何よりも一人の個人の置かれた<状況>にどのように私自身がかかわっていくか、その<状況>をどのように“治療”していくかという問題の設問から始ったのだった。そのとき、私達の脳裏にあったのは、或る個人の<状況>を変革することによって、私達がかかえもつ精神医療総体としての<状況>に対処し得るだけの実践・運動の方向性とそれを支える理論とが導き出されるのではないかということであった。或る個人にかかわることによって、一点突破を計ったと言ってよいだろう。

当時、私達のなかにどうしようもなく精神分析学の最近の流れに対する共感が芽生えていたのも同じ理由からだと言ってよい。

しかし、現実にはこうした運動はついに実を結ばなかった。個人の<状況>に深く深くかかわっていた精神科医達は、巨大な産業構造の谷間に存在する、権力構造としての精神病院の奥深くに閉じこめられたかっこうで細々と実践し続けるか、或いは完全にその精神病院からも排除されてしまったのである。

(Ⅴ状況のなかの精神医学/状況のなかの精神医学 つづく…)

2023年07月04日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-203

このマックスウェル・ジョーンズも一九七四年には、治療共同体理論を一歩前進させた精神医学のシステム論ともいうべきSystem Theoryを投げかけてきた。

一九五七年にミルトン・グリーンブラットが社会システムの中の精神科医(Social System Clinician)のモデルを唱えているが、マックスウェル・ジョーンズのシステム理論もその延長にある。すなわち、個人(患者)だけを治療するのではなく、その個人(患者)が組み込まれている社会的状況(Social System)を治していく精神科医のあり方の提示である。

マックスウェル・ジョーンズはこのシステム理論を彼自身が実践している治療共同体のなかにあてはめて、開かれたシステム(Open System)という未来像を語ろうとする。

Open Systemとは、外からの影響に対して開かれているのみならず、内に対しても開かれているような、即ち、様々な矛盾や問題を各メンバーが責任を持って効果的に解決する事が出来、それを学び続ける事が出来るようなシステムである。

マックスウェル・ジョーンズは述べている。

「社会的システムは『閉ざされたもの』から『開かれたもの』までの範囲で存在している。実際には誰もが比較的閉ざされたシステム(学校、家庭、大学、産業構造、等)の中で育つ。そのようなシステムを開く方向で変える事は必然的に不安と抵抗をひき起す。

精神医学が所謂治療と呼ばれるものを越えて、その機能を拡大し社会的諸問題の中に入り込んでいくならば、そこには新しい技術と新しい見通しが要求される。」

「薬物依存(中毒)を“治療”することはその基底に流れている社会的問題を回避してしまうことである。人種問題を客観的なオブザーバーとして語る事は無気力(impotence)を体験することである。」

(Ⅴ状況のなかの精神医学/状況のなかの精神医学 つづく…)

2023年05月22日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-202

反精神医学を最初の試金石としたラディカル・サイカイアトリー(ラディカルな精神医学)はまだはじまったばかりなのである。と同時に、既にはじまってしまった精神医学上のこうした方法の所産はもうどうしようもなく既存の精神医学を変質させはじめているのである。もう、あとにはもどれないほどに。

しかし、この事実は考えてみれば当然のことなのであって、誰が見ても本質的な論理の矛盾によって組み立てられていた既存の精神医学が崩壊してゆくのは時間の問題でもあった訳である。だから、反精神医学を含むラディカルな精神医学を目指す運動を、単なる一派としてかたづけようとする権威的モデルはいずれも失敗しているのである。

そして今日、精神医学を状況論としてとらえようとする流れはいくつかの方向性を具体的に提示しうるところにまで至っている。

「病になるということは症状の出現を意味している。過去の精神科医たちは、症状に気をとられ、疾患単位として症状をまとめたり分類しようと熱中した。しかし、今では、病になるということ、つまり患者としてふるまうことは、社会的な援助がなくしかも一人で生活することのできない個人がとる最後の手段と考えられるようになった。」

かつてこのように述べてイギリスにおける地域精神医療の原形を作りあげたマックスウェル・ジョーンズが、精神医学概念のなかに治療共同体(Therapeutic Communities)理論を導入したのは一九五二年であった。彼はそのなかで、中心概念として共同体による自己決定の方法を確立させたのであった。このマックスウェル・ジョーンズもその後のラディカルな精神医学の流れのなかで、彼の実践はその階級性(真に抑圧されている患者が位置づけされる対精神病院、対社会的な内実としての階級性)への認識が欠如しているということを理由に激しく批判されたのだった。

にもかかわらず、私達は彼の果してきた役割とたえまのない実践を過小評価してはならないだろう。マックスウェル・ジョーンズの基本的な認識が私達のそれとどんなにかけ離れたものであろうと、状況変革の試論には相違なかったはずである。

(Ⅴ状況のなかの精神医学/状況のなかの精神医学 つづく…)

新しい記事を読む 過去の記事を読む

ページのトップへ