ホーム >> 墨岡通信

墨岡通信

成城墨岡クリニック分院によるブログ形式の情報ページです。

2021年06月11日

カテゴリー:院長より

見果てぬ夢の地平を透視するものへ-184

「分裂病を生みだす母親」という概念を持ちこんだのは、精神分析学者のサリバンだった。しかし、病いをいつまでも病いの側からしか解析することをしなかった精神分析学の本流よりも、分裂病の本質を、母親レベル、患者レベル、父親レベルとのあいだの、そしてさらには家族全体の不合理性の結実とみる二重拘束の理論はさらに一歩の前進であったことは、その後の多くの臨床が証明していたのである。

レインの精神医学は、さまざまな立場の精神科医達から反論を受けた。しかしそれらの一つ一つが、レインの表現力の絆となって露出していく過程は注目してよいことだと思う。レインは決して、挫折によって“Knots”を書きあげたのではない。

キングスレイ・ホールと同じような宿泊施設(精神病院とは呼ばれない)は、ロンドンに一九七〇年までに三ヶ所設立され、英国、米国から医師やケースワーカーたちが参加している。それら施設に滞在した者の数は男女あわせて三一三名といわれている。
レインの言う詩を<表現>として書こうとするとき、すなわち詩の由来を人間として意識しはじめるとき、それは、人間社会の権力の厚く垂直な壁を、非日常的に真横に切断する鋭い刃以外のなにものでもないことを私は信じたい。

<表現>をめぐる、あるいは<表現>を支える人間的条件というものの存在を私は思い描くのだ。

(X状況のなかの精神医学/詩と反精神医学と つづく…)

新しい記事を読む 過去の記事を読む

ページのトップへ