ホーム >> 総合案内 >> デイケア・家族会 >> デイケアセンター・ゼロ次元

デイケアセンター・ゼロ次元

デイケアセンター・ゼロ次元

デイケアは、悩みや生きづらさをもった方々が、日中のグループ活動を通して、地域で生きていくための力・生活スキルを育むための場所です。
たとえば・・・
「なんだか人とうまく付き合えない・・・。でも人といたい・・・」
「最近、家に閉じこもりがちで、生活が不規則になってしまう・・・」
「次のステップに進むために自信をつけたい」
「同じような悩みをもつ人と話がしたい・・・」
このような思いを持つ方が多く利用されています。

デイケアセンター・ゼロ次元

東京都世田谷区成城2-22-9 成城墨岡クリニック分院2階
【開所日時】
月・水・木・金・土/10時〜17時(日・火・祝はお休みです)
※土曜日は、デイケアルームの掃除と1週間の振り返りをするので17時30分迄です。
【ご利用について】
  • 受診
    墨岡孝院長にデイケア見学・利用希望についてご相談ください。主治医が異なる方も、一度、院長の診察を受けていただきます。
    ※ご本人の状態によっては、グループ参加での刺激がかえって調子を崩す原因になりますので、ご利用できない場合もあります。
  • 見学
    デイケアの詳細について、スタッフが説明します。
  • 面談
    ご本人とスタッフで、デイケアの利用の仕方や目標、そのときの悩みや困りごとなどについて話し合います。
  • 登録
【費用について】
各種健康保険制度が適用されます。そのほか、自立支援医療のことなどご質問がありましたら、スタッフにご相談ください。
【活動内容について】
午前と午後に、セッション(プログラム)を行います。
プログラムの内容は、月に1度の「プログラム作り」の時間に皆で決めます。

よくあるお問い合わせ

Q. デイケアにはどんな利用目的をもった人がいますか?

デイケアを利用しているメンバーさんの意見の一部です。

  • 日中過ごす場所がほしい。
  • 人とのコミュニケーションの練習をしたい。
  • 働くことを考えているので、自信と体力をつけたい。
  • 料理などの生活スキルを身につけたい。
  • 昼間することがないと寝てしまい、夜眠れないからデイケアに来る。
  • 友達をつくりたい。
  • 家族と距離をとりたい。
  • ひとりで悩んでいると苦しいから。
  • 目標や目的を共同作業しながら身につけていく場。
  • 自立/自律訓練の場。
  • 病に打ち克つ努力を家族と本人だけでするのでなく、その筋の専門のスタッフと協力して楽しくやっていくのも魅力です。

など、人によって色々です。

Q. スタッフは何をしてくれるの?

デイケアは、人と人とが関わる、グループ活動の場です。セッションを通して、あるいはそれ以外の時間にも、お互いに影響し合いながら過ごします。 そうすることで、グループの中で様々なことが起こり、それがメンバーさんの体験となっていきます。 そしてその豊かな体験が、メンバーさんの気付きを促します。ですからスタッフは、豊かな体験が生まれるように、 グループ全体にたいしての働きかけをしていきます。
また、心の病に関する悩みや生活上の困りごとについては、メンバーさん自身が、自分らしい生き方、暮らし方、 目標や課題、などを見つけていけるように、スタッフは一緒に考え、提案やアドバイスをしながら、サポート(お手伝い)をします。
このように、スタッフは、「メンバーさんの代わりに何かをしてくれる人」ではありません。ここでは、あなたが「主人公」です。

Q. 年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。30代から40代の方たちを中心に、10代から60代までの幅広い年齢層の方が利用されています。

Q. 他の病院やクリニックに通院している人でも利用できますか?

利用できます。手続きに関しては、「ご利用について」をご参照ください。

セッションの例

料理

前月に皆で決めたメニューをメンバー(当デイケアでは、利用者さんのことをそう呼びます)とスタッフが一緒に作って、皆で食べます。
料理の技術を身につける、レシピを覚える、共同作業の練習、栄養のバランスを考えた食事を摂る、同じ食卓を囲むことで人との輪をつくる、料理の楽しさを知ることなどができます。

絵画

画用紙に何を描いても良い時間です。
クレヨン、鉛筆、水彩などで描きます。絵によって自分を表現したり、周りの人の感想を聞くことで、自分の今の状態を知ったり、感受性を養ったりすることができます。

気付きのエクササイズ

月に2回行っています。
人には、自分では気付いていない「くせ」があるものです。考え方・感じ方・身体などの「くせ」に気付いていく時間です。「くせ」に気付いていくと、今抱えている悩みや生きづらさを楽にしていくことも可能です。
エクササイズ=練習には、身体を使うもの、言葉を使うもの、絵を使うもの、ゲームを使うものなどがあります。

集団カウンセリング

月に2回行っています。
そのときの悩みや困っていることを出し合って、そのテーマについて、メンバー・スタッフ皆で知恵を出し合い、お互いにアドバイスをし合う時間です。同じような苦しさや生きづらさを体験した人の意見やアイデアを聞くことで、問題を客観的に見ることや、解決の糸口を見つけることができます。
また、相手の立場になって考える力がつきます。

スポーツ

プログラム作りで決めたスポーツを行っています。
よく行われるのは、卓球、ソフトボール、バドミントン、ボーリング、体育館でのバスケットボールなどです。

旅行

年に1度、2泊3日の旅行を行っています。
近年は、金沢、沖縄、長崎、八丈島、高松、秋田に行きました。6月から実行委員が中心となって、行き先・交通手段・代金・観光名所・お土産などを調べて、みんなで話し合いながら企画していきます。

色々なテーマでの「話し合い」

最近では、「心をうまくコントロールするには?」「寂しさとのつきあい方」「体のメンテナンスについて」 「見知らぬことへの対処法」「好きな本・漫画を紹介しあう会」「お金の使い方について」などをテーマに話し合いを行いました。
毎月、さまざまなテーマがプログラム作りで決められます。

その他

アロマテラピー、音楽を聴く会、ヨガと瞑想、麻雀、カラオケ、体のいい分、おでかけ(例:美術展、釣り堀、中華街、映画・・・etc)などのプログラムを行っております。


ページのトップへ