ホーム >> 総合案内 >> 法人関連事業 >> ざしきわらし(就労継続支援B型事業所)

ざしきわらし(就労継続支援B型事業所)

ざしきわらし

〈厨房の様子〉

就労継続支援B型事業所ざしきわらしは平成3年に開所し、就労ニーズがある利用者に、就労の機会や地域社会への参加の機会をはかり、また、地域を構成する一員として、利用者1人1人の生きがいのあるくらしの実現を目指す」ことを運営理念とし、カフェメロディという店名で喫茶店を営業しています。 また、別棟の受託受注センターでは内職などの軽作業を行っています。
喫茶部門は、お客様相手の飲食業・接客業なので、色々な方と出会うことができます。 軽作業部門は、黙々と作業ができるので集中力や持久力を養うことができます。 就労訓練以外にもレクリエーションやグループ活動、創作活動の時間を設けているので、利用者の趣味や特技を活かした活動や生活スキル、コミュニケーションスキルを育むことができます。

ざしきわらし(就労継続支援B型事業所)

喫茶部門(カフェメロディ)

東京都世田谷区祖師谷3-4-8石田ビル1F
[TEL・FAX] 03-3482-8967
[開所時間] 11時〜18時

[ホームページ]
カフェメロディ : www.cafe-melody.com

軽作業部門(ざしきわらし受託受注センター)

東京都世田谷区祖師谷1-12-12-202
[TEL・FAX] 090-9380-2604
[開所時間] 10時〜17時
[休所日]日曜日・月曜日
【活動内容】
  • 喫茶店業務(調理・接客・レジ・買物・掃除など)
  • 軽作業業務(封入・封緘・アクセサリー製作・タグ付替えなど)
  • レクリエーション(水曜・月2回)
  • 全体ミーティング(水曜・月1回)
  • グループ活動(月2回)
  • 年間プログラム(定期面接・健康診断・イベント参加・旅行・防災訓練等)
【喫茶作業のシフトの特徴】
  • 喫茶作業のシフトは、あらかじめ組まれていません。
  • 作業シフトは30分ごとに区切っており、好きな時間帯を選んで作業できます。
  • 1回の作業シフトには5人まで入ることができます。
【軽作業シフトの特徴】
  • 作業シフトはあらかじめ組まれていません。
  • 作業シフトは50分で1コマとし、好きな時間帯を選んで作業できます。
  • 創作活動の時間があります。(毎開所日16時〜)
【利用カンファレンス】
1. 見学(事前申込み)
2. 利用カンファレンス(本人、紹介者、サービス管理責任者、指導員)
3. サービス利用申請(市区町村窓口にて障害福祉サービス受給者証の申請)
4. サービス利用契約手続き
5. オリエンテーション
6. 初期研修
7. 通常利用
【設 備】
食事をとったり、パソコンを利用したり、談話をしたりと、ゆっくり過ごせる休憩室を設けています。また、少し休みたい人のために仮眠室もあります。
人に聞かれたくないスタッフへの相談や面接などにはスタッフルームを使っています。

「就労継続支援B型事業所」とは?
様々な理由により一般就労に結びつかない方に、生産活動の機会を提供し、自立生活を営むことができるように支援を行なう事業所です。利用者には、時給制または作業量に応じて工賃が支払われます。


ページのトップへ